[PR]

 昨年の明治神宮野球大会を制した慶大と中京大中京高(愛知)の主将が23日、神宮球場で優勝旗を返還した。今年の大会はコロナ禍で中止となっていた。

 中京大中京は秋季東海大会を制し、今年も出場できるはずだった。「全員で優勝旗を返して連覇するのが目標だった。残念だが、団結力を作って引き続き日本一を狙いたい」と原尚輝主将。

 慶大の瀬戸西純主将は東京六大学の優勝をかけた早慶戦に連敗して以来の神宮球場。「悔しさを思い出した。後輩たちは早慶戦で連勝し、優勝してほしい」