[PR]

 新型コロナウイルスの「第3波」で、大阪府内の感染が目立って拡大している。府の分析によると、人口10万人あたりの新規陽性者数は16・22人。感染の急拡大などで政府が注視している7都道府県の中で2番目に多い。今のところ、あらゆる世代や地域で感染が広がり、若者や繁華街に集中した「第2波」とは状況が異なっている。

 連休前の19日までの府の分析によると、第3波と位置付ける10月10日~11月19日の府内の新規陽性者は5317人で、このうち重症者は148人(重症率2・8%)。死者は41人(死亡率0・8%)だった。

 1日あたりの新規陽性者は、22日発表で全国最多の490人にのぼり、4日続けて過去最多を更新した。23日発表の直近1週間の人口10万人あたりの新規陽性者数は27・61人で、政府の専門家分科会が「ステージ3(感染急増段階)」の指標とする「15人以上」を上回った。1週間平均の陽性率も11・4%で、指標の「10%以上」を超えた。

 国が注視する北海道、東京、神…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら