[PR]

 主催大会が新型コロナウイルスの集団感染の震源地となったり、線審にボールを直撃させたり、2020年のスポーツ界で最も注目された選手の一人が、最終戦の決勝を待たずして、一足早く今季を終えた。

 テニス男子で世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。男子テニスの年間成績上位で争うツアー最終戦、日東電工ATPファイナルの準決勝で、タイブレークの末にティエムに敗れた。「こんな形でシーズンが終わり、とても残念だ」

 滑り出しは快調だった。1月の全豪オープンで2年連続8度目の優勝を飾り、年間グランドスラム(同一年の4大大会制覇)達成が視野に入った。

 3月に新型コロナウイルスの影響でツアーが中断。すると、その後は思いもしない展開が続いた。

 一線級の選手を集めて主催した慈善大会「アドリア・ツアー」では、母国での大会が新型コロナの集団感染の震源地となった。

 当時は感染状況が落ち着いていたため、出場選手は握手やハグを交わし、観客はマスクをせず、座席の間隔も空けずに座った。大会中には選手らがダンスパーティーで盛り上がる姿もあった。

 だが、出場選手が次々と感染し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら