[PR]

 群馬県高崎市出身のギタリスト布袋寅泰さんのギターを展示する企画展「時代を奏でた40本の愛機たち」が、同市内の県の大型コンベンション施設「Gメッセ群馬」で開かれている。21日のオープニングセレモニーでは、布袋さんが制作した施設のテーマ曲「Great Messenger」もお披露目された。

 企画展は布袋さんのデビュー40周年を記念し、キャリアをスタートさせたBO●(●はOに/(スラッシュ))WY(ボウイ)時代からのギターなど愛用の40本を展示。約2分間のビデオメッセージで、布袋さんは「僕も群馬県出身のアーティストとして、Gメッセでたくさんの伝説を作り上げていくつもりです」と語った。

 ファンになって30年以上という埼玉県加須市の会社員茂垣純司さん(47)は、息子の翔大さん(18)と訪れた。「ライブや映像で見ているギターを間近で見る機会はなかなかない。すごく楽しみです」

 企画展は12月6日まで。午前9時~午後9時半。入場料1320円(税込み)で、ローソンチケットのホームページから日時指定で購入できる。(中村瞬)