[PR]

 23日午後7時45分ごろ、神戸市灘区宮山町1丁目の阪急神戸線の御影―六甲間の高羽踏切で、大阪梅田行き特急電車と車が衝突した。阪急電鉄によると、先頭車両が脱線したが、午後8時時点でけが人の報告はないという。

 この事故の影響で、夙川―新開地間で上下線が一時不通になっている。踏切は六甲駅の東約300メートルの住宅地にある。乗客は線路上に降りて、歩いて六甲駅へ向かったという。

 近くに住む男性によると、電車の警笛が鳴った後に、「ドーン」という大きな音が響いたという。現場の踏切近くで車が大破し、周辺はガソリンの臭いが立ちこめていたという。