[PR]

 中国の無人月探査機「嫦娥(じょうが)5号」が24日早朝、南部・海南島の文昌宇宙発射場から打ち上げられる。月の土を採取して地球に持ち帰る「サンプルリターン」を目指しており、成功すれば米国と旧ソ連に続いて3カ国目、44年ぶりとなる。12月中旬の地球帰還を目指している。

 嫦娥5号は17日に発射台への移動を終え、中国の宇宙当局によると、23日夕からロケット燃料の注入を始め、24日午前4~5時(日本時間同5~6時)に発射する予定だという。

 中国の月探査プロジェクトは2…

この記事は有料会員記事です。残り341文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。