[PR]

 北海道の鈴木直道知事が23日、「Go To トラベル」事業の札幌市での一時停止を容認する、と表明した。10月下旬以降、警戒ステージ引き上げや札幌・ススキノ地区への深夜営業自粛などの手を打ってきたが、感染拡大が止まらない。地域の中核病院でもクラスター(感染者集団)が発生し、医療現場が疲弊するなか、経済活動に一段の影響を与える厳しい措置にも踏み込まざるを得なくなった。(芳垣文子、原田達矢、松尾一郎)

 鈴木知事は一時停止の期間について、「国では3週間程度と想定されている」とし、同程度の期間を検討しているとした。停止で予想されるキャンセルへの対策については、国の負担で旅行者のキャンセル料は無料とし、事業者への影響も最小限にするよう国に求めるとした。

 ただ、一時停止による影響をどう抑えるかは今後の国との協議に委ねられている。具体的な対策が決まる前の停止について、鈴木知事は「知事が判断するのか国が判断するのか、そう言っているうちにどんどん遅くなる」とスピード感を重視した判断だと強調。「国と連携しながら早急に進める」と述べ、具体策を今週内に詰める方針を示した。

 この3連休も道内には「Go …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら