[PR]

 1位は愛知・中京大中京高の高橋宏斗、2位は日体大の森博人。支配下で指名した6選手のうち、4人が投手だった中日の今年のドラフトで、明確な意図を感じた指名がある。ドラフト3位の土田龍空(りゅうく)(滋賀・近江高)だ。

 土田のポジションは遊撃手。2018年のドラフト1位、根尾昂と同じ高卒の遊撃手だ。しかも、俊足巧打の左打ち、という点まで同じなのだ。そこに、「根尾に刺激を与えたい」という球団の狙いが読み取れる。

毎週火曜日に、中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 根尾と土田。2学年離れてはいるが、18年夏の甲子園で、ふたりはすれ違っている。根尾を中心とする大阪桐蔭は「最強世代」と呼ばれ、春夏連覇を達成。決勝で大阪桐蔭が戦った金足農(秋田)に、準々決勝で敗れた近江の1年生遊撃手が土田だった。

 吉田輝星(現日本ハム)を擁する金足農が、劇的な逆転サヨナラツーランスクイズを決めた、伝説とも言える試合。悲劇的な敗戦をした1年生の夏を「今でも鳥肌が立つくらいしっかり覚えている」と土田は言う。

 高校の3年間、常に目標として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら