[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会で安倍氏側が費用の一部を負担した疑いがある問題をめぐり、立憲民主党の安住淳国会対策委員長は24日、安倍氏の参考人招致を求める考えを示した。国会内で記者団に語った。25日の衆院予算委員会への招致を与党側に求めるとしている。

 安住氏は「(首相を)辞めたとはいえ、大変な責任を取ってもらわないといけないし、本人の口からまず説明してもらわないといけない」と語った。

 東京地検特捜部は公設第1秘書らから、任意で事情聴取し、政治資金規正法違反(不記載)にあたるかどうかを慎重に調べている。

 野党側はこれまで、ホテルで開催された夕食会の会費が1人5千円というのは「安すぎる」と疑問視し、安倍氏の事務所が差額分を補塡(ほてん)したのではないかと追及。しかし、安倍首相(当時)は事務所や後援会に収入、支出は一切発生していないとして「政治資金規正法上の違反には全く当たらない」と答弁している。