[PR]

 赤羽一嘉国土交通相は24日、新型コロナウイルス感染拡大が深刻な地域を「Go To トラベル」の対象から除外する方針を閣議後の会見で明らかにした。札幌市と大阪市の除外について早くて同日中に正式決定する。除外の期間は3週間を想定しているという。

 両市を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するほか、予約済みの旅行についても割引の対象外とする。予約の解約を促して、感染拡大地域に人が集まるのを避けるねらいがある。

 利用客からはキャンセル料をとらない。観光事業者が被る実損分の補償として、国は原則、旅行代金の35%を予算から出す方針。

 ただ、札幌市や大阪市の住民が市外に旅行するときは、引き続き割引の対象とするという。赤羽大臣は「今回は、重症患者が多くて医療的負荷が厳しい地域に観光で行かれて医療的な負荷をかけることを避けるのが(除外の)目的だ」と述べた。

 また、野上浩太郎農林水産相は同日の閣議後会見で、「Go To イート」キャンペーンの食事券の販売やポイント利用などの制限を実施した地域では、利用期間の延長を検討する考えを示した。