[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会で、費用の一部を負担した疑いがある問題をめぐり、自民党の森山裕国会対策委員長は24日、野党側が安倍氏の参考人招致を求めていることについて「我が国は三権分立の国だから、司法がやっておられることについては慎むべきだ」と述べ、否定的な考えを示した。

 国会内で記者団に語った。野党側は、25日に開かれる衆院予算委員会の集中審議に安倍氏を参考人として招致し、説明を求めたいとしている。これについて森山氏は「(野党側から)まだ伺っていない」とした上で、安倍氏の参考人招致には慎重な姿勢を示した。

 安倍氏はこれまで国会での答弁で、夕食会で事務所や後援会に収入や支出は発生せず、「政治資金規正法上の違反には全くあたらない」と答弁してきた。

 このため野党側からは「虚偽答弁ではないか」との声が上がっているが、森山氏は「虚偽であるかどうかはよく検証してみないとわからない。秘書からの報告が間違っていたら間違った報告をするという結果になってしまう。それまで虚偽といえるのかどうか」と述べた。(清宮涼