[PR]

 日本では数々の政権が「改革」を掲げてきた。しかし、総括はされないまま、社会の格差は広がり、経済は低迷が続く。菅政権は「改革」でどんな国をつくろうとしているのか。

軽部謙介・帝京大学教授 「理念なき名ばかり改革」

 本来、為政者やリーダーは自分自身の理念や政策思想を実現させるために「改革」を行うものです。

 平成の政治を振り返れば、橋本龍太郎首相の「6大改革」、小泉純一郎首相の「郵政改革」がありました。内容への評価や賛否はともかく、橋本、小泉両政権は「改革」の青写真を描き、明確なビジョンを持って臨みました。

拡大する写真・図版軽部謙介さん

 他方、菅義偉首相の「改革」には「日本をこう変えたい」といった国家観や理念が一向に見えてきません。

 携帯電話料金の値下げや不妊治…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。