[PR]

 宮崎市の青島漁港で今月中旬、猫4匹が不審死した。診察した獣医師は「毒殺された可能性が高い」といい、宮崎県警は動物愛護法違反の疑いで捜査を始めた。

 関係者によると、青島漁港の倉庫付近には、住民が餌付けし、避妊・去勢手術をしている「地域猫」が6匹いた。このうち4匹が16~22日に不審死した。

 16日午後1時すぎ、餌をやりにきた住民の親子が、4匹が嘔吐(おうと)してぐったりしているのを見つけた。雨を避けて建物のそばに移したが、夜までに3匹が死に、1匹は市内の動物病院に運ばれたが、助からなかった。残る2匹は姿が見えなくなったという。

 この日夜、住民たちが現場に集まり、宮崎南署に通報した。南署の署員が吐瀉物(としゃぶつ)などを採取し、県警科学捜査研究所で分析をするなど捜査を始めた。

 第一発見者の親子は母(57)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら