[PR]

 東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者を新たに186人確認したと発表した。16日(180人)以来、8日ぶりに200人を下回った。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO〈エクモ〉)を使用」とする都基準の重症者数は、前日より10人増えて51人となり、緊急事態宣言解除後では最多となった。

 年代別では20代が53人と最も多かった。10歳未満が10人、10代が8人、30代が29人、40代が22人、50代が21人だった。65歳以上の高齢者は36人だった。

 また都は同日、過去の感染者数を訂正した。都によると、11月11日の感染者が317人から316人に、11月12日の感染者が393人から392人に、11月18日の感染者が493人から485人に11月19日の感染者が534人から533人となる。抗原検査では陽性判定を受けたがその後のPCR検査で陰性だったことや、医療機関での陽性判定に誤りがあったためだという。