[PR]

 ソフトバンク2連勝で始まったプロ野球のSMBC日本シリーズは24日、ソフトバンクの本拠ペイペイドームで第3戦を迎える。今季、本塁打と打点の2冠に輝いた巨人の若き4番、岡本和真はソフトバンク・千賀滉大の内角攻めの残像に苦しむ。第2戦までの打席内容を振り返りつつ、第3戦以降の巻き返しのポイントを探る。

 第1戦は2打数無安打、第2戦は4打数1安打で、本塁打も打点もゼロ。主砲の沈黙はそのまま、打線の沈黙につながり、巨人は2試合で3点しか取れていない。

 岡本の打撃を狂わせたのは、第1戦の第1打席だろう。ソフトバンクの千賀が投じた内角の154キロに、バットをへし折られた。完璧な力負けで捕邪飛に終わると、四回の第2打席も結果的には四球を選んだが、しつこいほどの内角攻めだった。

 第3打席以降、そして、22日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。