【動画】鳥羽海保の新人海猿がデビュー。ライフセービング元世界王者にもなったずば抜けた体力を生かして特救隊を目指す=伊勢支局・安田琢典撮影
[PR]

 ライフセービングで世界の頂点を極めた若者が、今度は「海猿」の異名を持つ海上保安庁の潜水士の頂点をめざしている。鳥羽海上保安部(三重県鳥羽市)の巡視船「いすず」に乗務する幡野圭祐さん(25)。10月から念願だった海猿として活躍している。

 11月中旬、「いすず」が停泊する岸壁で、鳥羽海保の海猿8人と県内外から集まった消防の潜水士12人による3日間にわたる合同訓練があった。

 最終日の20日、報道関係者に公開された訓練は、重さ20キロのボンベを背負いながら「いすず」の周囲を6周泳ぎ、その間、重装備をつけたままロープをつたって船尾を何度も登る過酷なものだった。

 50分の制限時間内に訓練が終わらない潜水士もいるなか、「体力勝負では誰にも負けたくない」と、幡野さんは20人中トップの23分余りで完了。訓練直前に激しい食あたりに見舞われ、体重が7キロも減る最悪の状態だったが、視察した鳥羽海保の三盃(さんばい)晃部長(50)は「泳ぐ力が秀でている。体調が万全ではないのに、新人とは思えない体力だ」と目を丸くした。

 幡野さんは東京都武蔵村山市出身。2歳で水泳を始め、ジュニアオリンピック出場を重ねるなど、将来を嘱望された。初めて海猿の存在を知ったのは、中学1年生のときに見た映画だった。

 ウェットスーツに身を包み、ボ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら