[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会の問題をめぐり、自民党の森山裕国会対策委員長は24日午後、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談した。安倍氏側が費用の一部を負担した疑いが浮上していることから、野党側は安倍氏の国会への参考人招致を求めているが、森山氏は「無理がある」として、応じなかった。

 安住氏は会談で、25日の衆院予算委員会に安倍氏を参考人として出席させるよう要求。これに対し、森山氏は「司法当局から正式な発表がない現時点で、(安倍氏を)参考人として出席を要請されても受けることには無理がある」との考えを伝えた。

 安倍氏はこれまで夕食会で事務所や後援会に収入や支出は発生せず、「政治資金規正法上の違反には全くあたらない」と国会で答弁している。安住氏は会談後、記者団に「国会で安倍氏が説明をしてきたものと、今報道されている事実関係は全く違う。安倍氏から直接話を聞かないといけない事態に至っている」と述べ、国会で追及する姿勢を強調した。(清宮涼小泉浩樹