[PR]

 青森県警は24日、スピードスケートの高木菜那選手(28)がロードバイクを運転中に普通乗用車と衝突する事故があったと発表した。けが人はいないという。

 県警によると、24日午前11時25分ごろ、おいらせ町松原2丁目の県道丁字路で、県道を走っていた高木選手のロードバイクと、右折して県道に入ってきた普通乗用車が出合い頭に衝突。高木選手は転倒したがけがはなく、車を運転していた近所の男性(72)にもけがはなかった。高木選手はトレーニングのため、コーチに付き添われてロードバイクに乗っていたという。

 高木選手は2018年の平昌五輪女子団体追い抜きで金メダルを獲得。青森県八戸市で22日まで開催されていたスピードスケート全日本選抜八戸大会に出場し、女子1500メートルで3位入賞していた。(吉備彩日)