[PR]

 埼玉県は24日、政府の飲食店支援策「Go To イート」のプレミアム付き食事券の新規発行を一時停止することを正式に決めた。12月1日以降、約40万セットを販売する予定だったが、見合わせる。新型コロナの感染再拡大を受けた措置。

 発行済みの食事券の利用制限も合わせて決定した。ただ、利用制限を始める時期は、農林水産省の決定の通りとする。大野元裕知事は「使用期限の延長を国に要望していく」と記者団に述べ、現在、来年3月末までとされている利用期間を延ばして利用者に不利益が生じないよう配慮したい考えを示した。予約済みで未発行の食事券は予約日に応じて27日までに発券するという。

 「イート」事業をめぐっては、県内では食事券1セット1万円(1万2500円分)で計80万セットを販売する予定で、先行分として約40万セットが販売された。10月23日から利用が始まり、売り上げが回復する飲食店があるなどの効果があったが、感染の拡大を受け、県は今月21日から食事券の利用を「原則4人以下」とする人数制限を導入していた。現在、県内9千弱の飲食店が登録している。

 一方、「Go To トラベル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら