拡大する写真・図版新宿プレイランドカーニバルは、90年代のゲーム機が豊富に遊べるのが売りだった=2020年11月、東京都新宿区歌舞伎町1丁目、大山稜撮影

[PR]

 東京・歌舞伎町で50年近くにわたり、老若男女に愛されてきたゲームセンターが今月で閉店する。都内ではほかにもゲームセンターの閉業が相次ぐ。「何度も通った聖地でした」。そんな常連客の思いも、新型コロナウイルスはのみ込んでいく。

 コインが落ちる音、ゲームから流れるBGM、景品を逃してこぼれるため息……。11月下旬、新宿区歌舞伎町のゲームセンター「新宿プレイランドカーニバル」は、いろんな音が交ざった騒々しさに包まれていた。

ゲーセン離れ? 実は好調だった

 1972年に「カジノゲーム ラスベガス」として開業し、93年に現在の形態にリニューアルした。2フロア延べ約1500平方メートルに400台超の機種がところせましと並ぶ、地域最大規模の老舗だ。

拡大する写真・図版歌舞伎町内で最大規模のゲームセンターだった「新宿プレイランドカーニバル」=2020年11月、東京都新宿歌舞伎町1丁目、大山稜撮影

 最新ゲーム以外にも、90年代に流行した格闘ゲームなどレトロなゲームが豊富にそろっているのが特徴。熟練ゲーマー、家族連れ、カップル、飲み会前のひと遊び――。様々な客層を楽しませてきた。ピーク時には1日5千人以上が訪れるほどの盛況ぶりだったという。

 そんな老舗が29日にその幕を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら