文通相手は74歳差 新聞少年に届いた「ありがとう」

有料会員記事

川野由起
[PR]

 17歳の少年が年の離れた女性と関わり合うようになったのは、ちょっとした「失敗」がきっかけだった。

 朝もやの中、ネックウォーマーにダウン姿の佐藤太陽君=宮城県栗原市=は、原付きバイクから新聞を1部とって玄関に向かうと、いつもの郵便受けに白い封筒が貼ってあるのに気づいた。

 「お家に帰ってから読んでね」。そばにいた小柄なおばあちゃんが、はにかみながら話しかけてきた。新聞を届けるとたまに声をかけてくれる人だ。

 封筒には「頑張れ、新聞少年!」の文字。受け取っていいのかな? 戸惑いながらお礼を言った。配達を終え、路肩にバイクを止めて封を開けると、白い便箋(びんせん)が入っていた。

 前日の朝、50年以上購読している全国紙とは違う地元紙が入っていたこと。たまには違う新聞もいいかと開いたら、いい記事に巡り合ったこと――。

 そこまで読んで、誤配に気づいた。手紙は続く。

 「『けがの功名』のことわざ…

この記事は有料会員記事です。残り967文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら