[PR]

 未承認の医薬品を販売目的で所持したとして、愛知県警は24日、自称フリーカメラマンの沢田海成容疑者(21)を医薬品医療機器法違反の疑いで再逮捕し、発表した。「自分で飲むために持っていた」と容疑を一部否認しているという。

 中村署によると、沢田容疑者は8月20日、妊娠中絶薬や避妊薬など計12錠を所持した疑い。ツイッターで「中絶薬欲しい方いますか」などと呼びかけていたという。沢田容疑者はパソコンを遠隔操作するプログラムを秘匿性の高いダークウェブ上で販売したなどとして、不正指令電磁的記録保管・提供容疑で逮捕され、24日に同罪で起訴された。