[PR]

 福岡県は25日、宗像市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。遺伝子検査の結果、高病原性の可能性があるH5亜型と判明し、同日午前5時半に県高病原性鳥インフルエンザ対策本部を設置した。鳥インフルエンザの発生は福岡県では初めてで、今季では8例発生している香川県に次いで2県目。

 福岡県によると、24日午後1時40分、宗像市の養鶏場から鶏の異常死が発生したと県中央家畜保健衛生所に通報があった。県が簡易検査を実施した結果、24日午後4時半に10羽中9羽にA型インフルエンザ陽性を確認した。さらに遺伝子検査をしたところ、25日午前5時にH5亜型と判明したという。この養鶏場では肉用鶏約9万3500羽を飼っており、県は25日朝から殺処分や埋却の対応に入った。

 鳥インフルエンザの発生を受け、県は養鶏場から半径3キロ以内を家禽(かきん)の移動を禁止する「移動制限区域」(対象の養鶏場は1戸約1万7千羽)、半径3~10キロ以内を区域外への搬出を禁止する「搬出制限区域」(同6戸約12万4千羽)に設定する。(山田佳奈)