[PR]

 英国政府は24日、新型コロナウイルスの感染抑止策をクリスマス期間中は緩め、最大3世帯で集まってよいとするルールを発表した。重要な祝日を家族や友人と祝えるように配慮した措置で、12月23~27日の期間中は個人の家や礼拝所、屋外の公共スペースで集まることが許され、国内の移動制限も解除される。

 英国を構成する四つの地域の自治政府代表らが協議のうえ合意した。ゴーブ内閣府担当相は「この困難な年に多くの犠牲を払ってきた人々に希望を与えるだろう。今年のクリスマス期間は通常通りにはならないが、限定的かつ注意深い方法で、家族や友人が集う選択肢になる」と語った。

 英国では各自治政府が独自の感染抑止策を設けており、ロンドンがあるイングランドは現在、商店閉鎖や外出制限を伴う一律のロックダウン(都市封鎖)中だ。屋内での世帯間の交流は禁止されている。12月2日からは、感染状況に合わせて3段階に分けた地域ごとの規制に移行する。一番軽い規制の地域を除き、同居人以外と屋内で会うことは引き続き禁止される。(ロンドン=下司佳代子)