[PR]

 スイスメディアによると、同国南部ルガーノのデパートで24日午後、買い物客の女性2人がナイフを持った女に襲われ、1人は首を刺され重傷、もう1人も軽いけがを負った。地元警察は28歳の女を拘束し、テロの疑いがあるとみて調べている。

 報道によると、容疑者の女が過激派組織「イスラム国」(IS)について叫んでいたのを現場近くにいた人が聞いていた。警察当局は同日、記者会見し、女がイスラム過激派に傾倒していた可能性があり、「テロの疑いを排除できない」と述べた。女は店内にあったナイフで2人に襲いかかり、1人の首を絞めようとした後、もう1人に切りつけた。女は別の買い物客に取り押さえられたという。

 隣国オーストリアのウィーンでは今月2日、銃撃により4人が死亡。先月29日にはフランス南部ニースで刃物を持った男に襲われて3人が死亡するなど、イスラム過激派との関連が疑われるテロが相次いでいる。(ローマ=河原田慎一)