三島由紀夫のリアリティー 「美」へと回帰する社会

有料記事

編集委員・藤生明
[PR]

 「気が狂ったとしか考へられぬ」。時の首相がそう日記に書いた作家三島由紀夫による「三島事件」から25日で50年がたった。三島の作品や思想に詳しい片山杜秀慶応大教授(政治思想史)は「三島のリアリティーは増している」という。なぜか。

 ――三島事件が人々の関心を引きつけるのはなぜでしょう。

 学生相手に三船敏郎勝新太郎といった映画スターの名は通じなくなってきました。でも三島由紀夫についてはそんなことはない。作品を読んでいる人はいるし、三島の戯曲を朗読したがる学生もいる。戦後の圧倒的な文化的ヒーローなんでしょう。

 有名人が自衛隊に乗り込んでクーデターを呼びかけて切腹した。あれ以上の衝撃的なドラマはちょっと思いつかない。三島由紀夫の「勝利」だったと思います。

 ――事件の真の動機は何だったと思いますか。

 今でも考えますが、よくわか…

この記事は有料記事です。残り1662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。