[PR]

 参院予算委員会で25日午後に開かれた集中審議で、立憲民主党の福山哲郎氏は、安倍晋三前首相が過去の国会で「桜を見る会」の前日に主催した夕食会の会場となったホテルが明細書を発行していないと述べたことが虚偽答弁だった、と追及した。菅義偉首相は「安倍前総理が国会で答弁された内容について、確認するときは確認しながら答弁している。捜査中の内容について事実関係を承知していないので答弁する立場にはないと思う」との答弁を繰り返した。

 議場にいた野党側から「速記を止めて」と声があがり、審議は中断した。審議再開後、首相は「事実がもし違った場合には当然、私にも答弁した責任がある。そこは対応するようになる」と答弁した。これに対し、福山氏は「だからこそ、事実関係を確認してください」と指摘した。