[PR]

 京セラを創業した稲盛和夫名誉会長(88)の著書が中国でブームを巻き起こしている。心を軸にした経営論や人生論を説いた内容が共感を呼んでいるという。

 稲盛氏は1989年に初の著書「心を高める、経営を伸ばす」(PHP研究所)を出版。その後も執筆を重ね、これまで自著42冊、共著18冊を出した。稲盛氏の経営哲学を紹介する「稲盛ライブラリー」(京都市)によると、今年10月時点で計2017万部が発行された。うち1355万部が海外で売り出され、その9割以上が中国という。

 中国語版の翻訳を手がける曹岫雲(ツァオシウユン)さん(74)によると、現地では日本でもロングセラーの「生き方」や「働き方」の人気が高い。経営理念のよりどころを求める企業トップが参考にしたり、従業員や取引先に配ったりしているそうだ。アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏をはじめ、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や小米科技(シャオミー)の創業者も愛読しているという。

 また、稲盛氏が主宰する「盛和…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら