[PR]

 ドラッグストア「スギ薬局」を展開するスギホールディングス(HD)は25日、台湾のドラッグストア大手、大樹医薬と業務提携した。スギHDは大樹医薬に陳列、販売方法など経営や運営ノウハウを提供し、人材交流も進める。また、1千品目ほどあるスギのプライベートブランド(PB)の商品を供給し、大樹医薬の店舗で販売する。

 両社のトップが25日、オンラインの調印式に臨み、スギHDの杉浦克典副社長は「あらゆるリソースを結集し、台湾、日本、ほかの東南アジア諸国に健康と信頼、安心と安全を届けられる新たなドラッグストアに進化していく」と述べた。

 スギHDの国内店舗は1363店(10月末)。約3千人の薬剤師を抱え、処方箋(せん)調剤に強みがある。大樹医薬は、台湾でドラッグストアチェーン「大樹連鎖薬局」を160店以上展開。調剤や医療に注力している点がスギHDと共通し、提携にもつながったという。(竹山栄太郎)