[PR]

 前橋市で2018年、自転車で登校中の女子高校生2人が車にはねられて死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた川端清勝被告(88)に対する控訴審判決が25日、東京高裁であった。近藤宏子裁判長は事故を起こす予見可能性があったと認め、無罪とした一審・前橋地裁判決を破棄して禁錮3年を言い渡した。

 一審を担当した国選弁護人は無罪を主張していたが、二審から就いた私選弁護人は家族の意向を受けて有罪主張に転じ、「被告は人生の最後を迎えるにあたり、罪を償いたいと考えている」と述べていた。

 一審は、服用中の薬の副作用で事故直前に意識障害に陥った可能性があるとして、事故の予見性を否定した。一方、高裁は、日頃から低血圧によるめまいが頻繁に生じていたうえ、医師や家族からは運転しないように再三注意されていた事情を重視。「正常な運転が困難になる危険を予見できた」と認定した。

 そのうえで「施設に入所中の被告が自分自身の責任を理解したうえで謝罪の気持ちを明らかにしていることなどを考慮しても、相当期間の実刑は免れない」と指摘した。

 亡くなった女子高校生の両親は「裁判所に正しい判断をしてもらえたことに安堵(あんど)している。やっと被告の責任を認めてもらえたというのが率直な思い」とコメントした。(根津弥)