【動画】鳥インフルエンザが発生し処分が進められる養鶏場=堀英治撮影
[PR]

 鳥インフルエンザが福岡県宗像市で25日に確認されたことをうけて、養鶏が盛んな九州各県と山口県は警戒を強める。

 肉用と採卵用をあわせた鶏の飼育数が全国最多の鹿児島県。今月、ツルのねぐらで採取した水から2例、カモのふんから1例の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、警戒中だった。そのさなかに福岡県で発生したことに、県担当者は「農家にはこれまで以上に危機感を持ってほしい」と強調する。

 肉用の飼育戸数が全国1位の宮崎県は、2003年から昨季に国内農場で発生した高病原性の鳥インフルエンザ51事例のうち20事例を占める。県は25日、すでに県内にウイルスが持ち込まれている可能性があるとみて、農場に緊急の一斉消毒を呼びかけた。担当者は「最大限の注意を呼びかけている」という。

 長崎県はこの日、消毒用消石灰を農家に配り始める日だった。担当者は「やっぱり来たか」と話した。

 大分県も福岡県で発生をうけて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら