[PR]

 東京都は25日、酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間の短縮要請に踏み切った。経済活動への影響を踏まえ、実施に慎重だった都の姿勢が一変した背景には、医療体制の逼迫(ひっぱく)への危機感があった。

 「8月に行った短縮要請で繁華街における人出の減少、新規陽性者数が減少傾向になり、会食の陽性者も大幅に減少した」

 25日夕方の会見で、小池百合子知事は、営業時間の短縮要請に踏み切った理由をそう説明した。

 会見の約7時間前、小池知事ら…

この記事は有料会員記事です。残り592文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。