[PR]

 岐阜県の古田肇知事は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開いた県の対策協議会と本部員会議で「(県内に)第3波が到達した」と述べた。この日は県内の新規感染者が過去最多タイの30人となり、年末年始の感染防止策の徹底を改めて呼びかけた。(松永佳伸)

 県内では、県独自の「第2波非常事態」を解除した9月2日以降、411人が感染。クラスター(感染者集団)は12件発生し、関連する陽性患者は178人に上る。

 11月に入って感染者が急増し、7件のクラスターが発生するなど、25日までに283人が感染し、1カ月間で最も多かった8月の225人を上回った。

 県独自の五つの指標のうち、新規感染者数、PCR検査陽性率、感染経路不明者数、入院患者数が基準を超えている。

 県は、政府が進める「Go To キャンペーン」のうち、飲食店支援策「Go To イート」について「家族以外の大人数(5人以上)での飲食を徹底回避する」という表現で協力を呼びかけた。食事券の発行は一時停止などの制限を求めない。

 古田知事は「県民一人ひとりが対策を取ることでウイルスの行き場をなくす。賢く行動して年末年始を乗り越え、すがすがしい春を迎えたい」と呼びかけた。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら