[PR]

 疑惑に正面から向き合わない姿勢は、前政権と同様だった。25日の衆参予算委員会で、安倍晋三前首相側が「桜を見る会」前日の夕食会の費用を補塡(ほてん)した疑惑が焦点になった。前首相の答弁内容が疑われる事態だが、官房長官として安倍氏を支えた菅義偉首相は「答弁を控える」を連発した。

「捜査中」理由に拒否連発

 午前に衆院、午後に参院で予定された予算委は、開会前に野党側が安倍氏の出席を要求したが、与党側が受け入れずに激しく対立。いずれも開会が15分ほど遅れるという異様な事態のなかで始まった。

 衆院では立憲民主党の枝野幸男代表が「国会で首相がウソをついていたかもしれないという問題だ。国会の審議が愚弄(ぐろう)された」と批判。菅氏に対し、安倍氏に説明するよう求めるべきだと迫った。

 これに対し、菅氏は「安倍前首…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら