拡大する写真・図版交通安全と犯罪抑止の啓発役に任命されたパグ「田中太郎」=2020年11月25日午前10時8分、岡山市東区の赤磐署、田辺拓也撮影

[PR]

 昨年秋に放送された連続ドラマ「まだ結婚できない男」(フジ系)で、その演技が話題となったパグ「タツオ」。本名は「田中太郎」といい、岡山市東区で飼い主と暮らす。岡山県警赤磐署はその演技力にも注目。年末年始の事件事故防止を啓発する「対策犬」に任命し、25日に委嘱式があった。

拡大する写真・図版交通安全と犯罪抑止の啓発役に任命され、委嘱式に臨むパグ「田中太郎」=2020年11月25日午前10時6分、岡山市東区の赤磐署、田辺拓也撮影

 太郎は田中敬子さん(41)が飼うオスの5歳。大手プロダクションのペット部門に所属する。ドラマへは阿部寛(ひろし)さんが演じた主人公の隣人のペットとして出演。全10話に登場し、阿部さんと見つめ合うシーンは「演技がうますぎる」とSNSで話題にもなった。太郎を紹介するインスタグラムのフォロワーは約1万人。

拡大する写真・図版交通安全と犯罪抑止の啓発役に任命されたパグ「田中太郎」=2020年11月25日午前10時50分、岡山市東区の赤磐署、田辺拓也撮影

 太郎の住まいが近くにあることを知った同署がオファー。推薦した森次敏之・交通課係長は「ドラマで見たつぶらな瞳が印象的だった。太郎君なら効果的に啓発できると思った」。

 この日は同署の職員がつくった制服姿で委嘱式に登場。終了後は近くのスーパーに移動し、交通安全と犯罪抑止を訴えるチラシ配りに参加した。買い物客にドラマを再現するような愛らしい視線を送っていた。

拡大する写真・図版事件事故防止の対策犬に任命されたパグ「田中太郎」=2020年11月25日午前10時22分、岡山市東区の赤磐署、田辺拓也撮影

 同署は今後、太郎が主役のポスターを製作し、啓発に活用する。(田辺拓也)