[PR]

 英王室のハリー王子の妻メーガン妃が25日、米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿で、7月に第2子を流産していたことを明らかにした。「耐えがたい悲しみ」だと吐露している。

 同紙によると、メーガン妃は7月のある朝、昨年5月に生まれた長男アーチー君(1)のおむつを替えた後に「激しい痛みを感じ、床に崩れ落ちた」。「1人目の子どもを抱きしめながら、2人目を失うのだとわかった。数時間後、私は病院のベッドに寝ていた。手を握る夫の手は私たち両方の涙でぬれていた」などとつづった。

 寄稿では、流産について話すことは「タブー視され、孤独な悲しみが永続する」と指摘。「一人が真実を話せば、みんなが同じように話せるようになる。誰かが大丈夫ですかと声を掛けくれ、心を開いて答えを聞いてくれた時、悲しみは軽くなる。痛みを分かち合うことを受け入れてもらえることが、癒やしへの第一歩となる」として、体験を共有することの大切さを訴えた。

 ハリー王子とメーガン妃は今年3月末で王族としての公務から引退した。現在はメーガン妃の故郷の米カリフォルニアに住んでいる。(ロンドン=下司佳代子)