[PR]

 60歳での永眠はあまりに早すぎる。一方、濃密で、波瀾(はらん)万丈の人生を駆けてきたこのひとらしいとも思える。力尽きるまで、ピッチの内外で人々をとりこにし続けた。

 初めて生のマラドーナさんを見たときの衝撃は忘れられない。

 1979年に日本で開催されたワールドユース選手権(現20歳以下W杯)決勝を東京・国立競技場で見た。

 マラドーナさんは当時18歳。…

この記事は有料会員記事です。残り531文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。