年越し花火ダメ 独がコロナ規制延長、クリスマスは緩和

有料記事新型コロナウイルス

ベルリン=野島淳
[PR]

 ドイツ政府は25日、新型コロナウイルス感染防止のため、2日から月末までの予定で導入していた規制を約3週間、延長することを決めた。新規感染者数が高止まりしているためだ。クリスマス直前から元日まではやや緩めるが、その後も規制は続ける方針。

 ドイツは、商店や学校は開けつつ、飲食店や娯楽施設を閉じたり、公共の場で集まれる人数を10人までと制限したりしていた。外出禁止令を出したフランスなどと比べれば緩い「部分的ロックダウン都市封鎖)」と独メディアでは呼ばれている。

 メルケル首相は各州首相とのテレビ会議で規制の延長を決めたうえで、公共の場で集まれる人数を「5人まで(14歳未満は除く)」と厳しくした。

 一方、クリスマスに遠方の家族や友人らと過ごす貴重な機会に配慮し、12月23日~元日は一度に集まれる人数を「10人まで(14歳未満は除く)」とした。ただ、大勢が集まって年越しを花火で祝う恒例の楽しみは自粛するよう求めた。

 記者会見したメルケル首相は…

この記事は有料記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]