倒壊した北海道の野外彫刻、記念館で見られます

有料会員記事

本田大次郎
[PR]

 今年の春、北海道音威子府村にある彫刻家砂澤ビッキ(1931~89)のトーテムポール「フクロウ」が、強風で倒壊した。その翼部分が今月、村内の砂澤ビッキ記念館に保管された。

 「フクロウ」は、81年に制作された3本からなる「思考の鳥」の1本。村内の北大中川研究林の事務所前に立っていたが、今年4月、強風のため土台から1.7メートルを残して倒れた。隣接して立っていた「エゾシカ」「キツツキ」の2本も、すでに倒壊している。

 フクロウの倒壊部分の扱いについて関係者で協議をした結果、「翼部分は原形をとどめ、ビッキののみの跡もしっかり残っている。多くの人に見てもらおう」と、記念館が保管することになった。

 2.7メートルの翼の裏には…

この記事は有料会員記事です。残り608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。