[PR]

 歌人の石川啄木が北海道の釧路に滞在した明治期、懇ろにしていた芸妓(げいぎ)・小奴(こやっこ)の14、15歳ごろの写真が見つかった。啄木の恋人とも言われた小奴はどんな少女時代を過ごしたのか。

拡大する写真・図版芸妓時代の小奴

 啄木は1908(明治41)年、釧路新聞(北海道新聞の前身のひとつ)記者として釧路に76日間だけ滞在した。21~22歳。料亭の芸妓だった小奴は17~18歳だった。2人は宴席で出会った。

 帯広市の執筆業で、啄木研究家でもある佐藤文彦さん(78)が市立帯広小学校資料室で、05(明治38)年の帯広尋常高等小学校高等科の卒業写真を見つけた。裏に「前列右から3番目 坪ジン」と小奴の本名が書かれていた。

 小奴の芸妓や晩年の写真は多く…

この記事は有料会員記事です。残り576文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。