[PR]

 シリアで昨年10月、少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)を掃討するため、隣国トルコが越境して軍事作戦を展開した。1年が過ぎて街には日常が戻りつつあるが、家を追われ、今なお帰れない人たちもいる。トルコ軍の駐留が続くシリア北部テルアビヤドに記者が入った。

取材の経緯
今回の取材は、記者がトルコ軍に従軍して行いました。病院や学校、モスクなどの取材場所は軍が指定しましたが、インタビューへの干渉や記事の検閲はありませんでした。防弾チョッキとヘルメットを着用したうえで取材しました。

カメラの映す方向に銃口

 トルコ南部アクチャカレからトルコ軍の装甲車で国境を越えると、車内で兵士がモニターを凝視し始めた。映し出されるのは、車上のカメラで撮影している周囲の映像。操作機を小刻みに動かすと、通行人の顔や民家の窓、トラックの荷台が大写しになった。カメラが映す方向には、車載の機関銃の銃口が向けられている。取材に同行した上官は、「1カ月前にも攻撃を受けた。いつでも対応できるよう、常に気を引き締めている」と話す。

 警戒するのは、昨年10月9日からの作戦で掃討したYPGだ。トルコは、YPGをトルコからの分離独立を目指す非合法武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)と一体のテロ組織とみなす。シリア内戦の混乱に乗じ、YPGはトルコとの国境沿いに支配地域を拡大。危機感を募らせたトルコは、2018年1月に続く越境攻撃に動いた。

 テルアビヤド周辺では、作戦後も自動車爆弾などによる爆発が続く。在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」などによると、今年7月には子供3人を含む6人、8月には少なくとも3人が犠牲になった。トルコメディアは、YPGによる犯行の可能性を示唆。街で靴店を経営するムスタファ・マクスードさん(45)は、「私たちはまだ爆発におびえている」と話した。

トルコの支援 住民の反応は

 「声!」「聞く!」。約380…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら