[PR]

 京都府警北署の20代の男性巡査が9月、京都市内の路上で酒に酔って女性の顔面を殴打したとして、暴行容疑で現行犯逮捕されていたことが26日、府警への取材でわかった。巡査は逮捕直後に釈放され、府警は発表していなかった。府警は同日、巡査を京都地検に書類送検し、同日付で戒告の懲戒処分とした。巡査は調べに対し「酔って記憶がない。申し訳ないことをした」と話しているという。

 府警によると、巡査は9月20日午後11時半ごろ、同市中京区の繁華街・木屋町の歩道で、通行中の女性2人と肩が触れたとトラブルになり、片方の女性の顔を1回殴った疑いがある。もう一人の女性が「知らない男に絡まれて殴られた」と110番通報。巡査は翌21日午前0時15分ごろ、駆けつけた中京署員に現行犯逮捕された。女性にけがはなかった。

 巡査は知人の結婚式の2次会に出た後で、酔っていたという。府警は巡査の人定が明らかで、逃亡の恐れなどもないとして、21日早朝に釈放して任意捜査に切り替えていた。府警監察官室は「任意捜査の案件は以前から発表しておらず、隠す意図もなかった。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」としている。