拡大する写真・図版サバのオイスターソース煮=合田昌弘撮影

[PR]

ごはんラボ サバのオイスターソース煮

 世界の調味料シリーズの2回目は、中国料理に多用されるオイスターソース。肉や野菜、豆腐にも合いますが、カキが原料なので魚介と相性がよい調味料です。

 今回は、旬のサバを煮ます。おなじみのしょうゆ、酒、砂糖の組み合わせに、カキのうまみを凝縮したオイスターソースが入ることにより、濃厚ながらまろやかな味わいが生まれます。

 サバを香ばしく焼いたら、煮る時間は10分足らず。香味野菜のコンビが生臭さを隠し、脂がのった身を、とろりとした煮汁が引き立てます。そのままでは調味料が勝ちすぎるところに里芋を加え、穏やかに。みそ煮とも塩焼きとも違う、サバ料理の新機軸です。

 オイスターソースは火を通さずに使うこともでき、2品目の白菜のあえものはその一例。煮物に、あえものに使いこなせるようになれば、「さしすせそ」と並ぶレギュラー調味料として活躍させることができそうです。(栗田優美)

サバのオイスターソース煮

材料(2人前) 料理監修:吉田勝彦さん(中国家庭料理ジーテン)

□ サバ 半身(170g)

□ 里芋 2個

□ 長ネギ 1/3本

□ ショウガ 1片

□ 酒

□ 塩 少々

□ コショウ 少々

□ 片栗粉 少々

□ 油 大さじ1

□ 砂糖 大さじ1

□ しょうゆ 大さじ1

□ オイスターソース 大さじ2

□ ゴマ油 小さじ1

【作り方】

①サバを4等分に切って、酒小さじ1、塩・コショウを振り、片栗粉を両面にまぶす。 

②里芋は皮をむいて厚さ3mmの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら