拡大する写真・図版朝日に照らされる興福寺=映像作家の保山耕一さん撮影(付属のDVD映像から)

[PR]

 世界遺産の奈良・興福寺の執事で、入山20年の節目を迎えた僧侶の辻明俊(みょうしゅん)さん(42)が、あまり知られていない興福寺や僧侶の日常を描いたエッセー「興福寺の365日」を出版した。奈良在住の映像作家、保山(ほざん)耕一さん(57)が6年前から撮りためた興福寺の映像が収録されたDVDもつく。

 辻さんは奈良県出身。2000年に入山し、04年から広報や企画事業を担当した。今回出版した本には、寺でのアルバイトをきっかけに入山した経緯や、宿直や鹿のふん掃除など寺での生活、空腹に耐えた修行のことなどが6章にわたってつづられている。

 現在の仕事ぶりもしたためた。新弟子時代の朝の日課はお堂の清掃だったが、いまはパソコンの電源を入れメールをチェックすること。僧侶でもあった祖父の言葉「お寺は一掃除、二勤行、三学問」を思い出し、「今の私の姿を見たらきっと叱責(しっせき)するだろう」と自らの生活を顧みる。

拡大する写真・図版興福寺に集まったシカの群れ=映像作家の保山耕一さん撮影(付属のDVD映像から)

 仏像ブームを巻き起こした09年の阿修羅展を担当した話では、阿修羅像(国宝、奈良時代)を信仰の対象ではなく、美術品として展示したことを反省する。入場者は100万人を超えたが、手を合わせる人はおらず、展示台にさい銭を置いたのはたった1人だったという。

 17年、寺の国宝館をリニュー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら