写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 米大統領選でバイデン氏が勝利し、年明けから新しい政権を担うべく準備を進めている。これで米国と中国との間で続いた対立状況は局面が変わるにしても、対立や競争そのものが解消するわけではなさそうだ。米中双方の識者が今後の見通しを語った。

「米国は衰退」見方変える必要 ボニー・グレイザーさん(米戦略国際問題研究所)

 バイデン次期大統領は、中国と対峙(たいじ)する必要がある分野で立ち向かい、協力が可能な分野では協力することを模索するでしょう。

 トランプ政権は中国との競争で効果的に対処できず、あまりに対立的だったとバイデン次期政権は考えています。このため一部の対立的な側面は緩和させる一方で、テクノロジーなどの分野では米国の競争力を強めようとするでしょう。協力を模索する分野は、気候変動、感染症対策を含めた保健衛生、また北朝鮮の核問題などが考えられます。大国間競争という枠組み自体は続きます。

 オバマ政権の政策を繰り返すこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。