[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は25日、米国のバイデン次期大統領に祝電を送り、「中米関係の健全で安定した発展を推し進めることは、両国の基本的利益に合致するのみならず、国際社会の共通の期待でもある」などとして新政権下での関係改善への期待感を示した。

 同日夜、中国外務省が発表した。トランプ大統領が敗北宣言を出さぬなか、習氏はバイデン氏への祝意の表明を見送っていたが、米連邦政府が政権移行手続きを始めたことを受けて、判断した模様だ。

 習氏は祝電で「両国が衝突せず、対抗せず、互いを尊重し、ウィンウィンの精神で協力することを希望する。違いをコントロールし、中米関係を安定的に発展させ、国際社会と手を携えて世界平和と安定を促進したい」と述べた。同日、王岐山(ワンチーシャン)国家副主席もカマラ・ハリス次期副大統領に祝電を送ったという。(北京=冨名腰隆)