[PR]

 岡山県赤磐市の行本(ゆくもと)恭庸(やすのぶ)市議(73)が今月4日、検診で訪れた市の施設で、マスク着用を求めた職員を「この若造が」と怒鳴るなど威圧的な言動をしていたことが、同市議らへの取材でわかった。行本市議は取材に対し、「大声なのはいつものこと。威圧するつもりはなかった。申し訳ない」と釈明している。

 市や市議会によると、検診のため市熊山保健福祉総合センターを訪れた行本市議に、受付の職員がマスク着用を求めた。行本市議は「検体を出すだけなのにマスクは必要ない」などと大声で言い、検便の入った検体袋を近くの机に投げつけた。その後、車へマスクを取りに行った行本市議が、職員の前にマスク姿で現れて「この若造が」と怒鳴ったという。

 赤磐市は「職員を威圧し萎縮させ、公正な職務執行を妨げる行為」として「しかるべき措置を講じてほしい」と17日付で市議会に申し入れた。

 行本市議は赤磐市と合併した旧熊山町議を務め、その後市議選に転じて2009年に初当選。現在3期目。今年9月の市議会で、市役所の清掃を請け負う福祉事業所の職員らに威圧的な発言をしたなどとして、辞職勧告決議案が可決されている。(高橋孝二)