[PR]

 新型コロナウイルスに感染したミンクの全頭処分を進めているデンマークで、殺処分後に埋められた大量のミンクの死体が地上に姿を現す「怪現象」が起きている。死体から出たガスで土中から押し上げられたとみられるが、ソーシャルメディアでは「逃げろ、ゾンビになったミンクが追いかけてくるぞ」などのコメントとともに画像が広く共有されている。

 地元メディアによると、殺処分されたミンクは軍の管理地に埋められていた。1メートルほどの土がかぶせられていたが、土壌が軽いことなどが災いしたという。管理地は湖に近く、地元では飲料水への影響も懸念されている。

 デンマーク政府は怪現象について「一時的な問題だ」とし、人々が近くに立ち寄らないよう24時間態勢で監視。近くフェンスを設置するという。

 デンマーク政府は4日、突然変異した新型コロナウイルスがミンクから人に感染したことが確認されたとして、1500万~1700万匹とされるミンクを殺処分すると発表。これまでに1千万匹以上が殺処分されたという。保健当局はウイルスの変異株について「9月15日以降確認されておらず、絶滅した可能性が高い」としている。(ロンドン=下司佳代子)