[PR]

 大阪・梅田の商業施設「HEP(ヘップ) FIVE(ファイブ)」で10月、屋上から男子高校生が転落死し、路上にいた女子大学生が巻き添えになって亡くなった。悲劇を避ける手立てはなかったのか。繁華街での高所からの「飛び降り」に対し、施設側の防止策はどうあるべきか。(山本逸生、浅沼愛)

 直径75メートルの赤い観覧車が目を引く施設(10階建て)は、関西有数の繁華街・梅田のランドマークの一つ。2人が倒れていた付近の植え込みには、今も花束が手向けられている。

 大阪府警によると、10月23日午後5時50分ごろ、府立高校の男子生徒(17)が施設10階の従業員専用フロアから屋上に侵入し、転落。金曜夕方の人混みの中、入り口付近を知人と歩いていた大学2年の女性(19)=兵庫県加古川市=に直撃した。男子生徒はまもなく死亡、女性は翌日、搬送先の病院で亡くなった。府警は生徒が自殺を図ったとみている。

 実は、生徒はこの約2時間前にも屋上に侵入し、警備員に連れ出されていたことが、関係者への取材で新たにわかった。2度目はなぜ防げなかったのか。

 施設を所有する阪急阪神不動産…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら