[PR]

 滋賀県愛荘町で昨年10月、同居していた男性に十分な食事を与えず暴行を加えて殺害したとして、県警は無職の小林久美子容疑者(55)ら2人を殺人容疑で25日に逮捕した。2人が男性の親族に生活費を要求した疑いがあることも判明。県警は、金銭をめぐり小林容疑者が不満を募らせた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、小林容疑者と同容疑で逮捕されたアルバイト作業員の少年(19)は親族。2人の逮捕容疑は、昨年5~10月、同居していた岡田達也さん(当時25)に十分な食事を与えず、手や金属棒で顔や手足を複数回殴るなどして殺害したというもの。同年10月25日、岡田さんが呼吸をしていないのに気づいた小林容疑者が119番通報し、搬送先の病院が県警に連絡して発覚した。県警は、2人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、小林容疑者が岡田さんに声をかけ、2018年10月ごろから同居するようになった。当初岡田さんは仕事をしていたがその後無職になり、暴行が始まったと県警はみている。岡田さんは身長174センチで体重は50キロ前後あったが、死亡時は体重30キロ台に減少。遺体に左腕の骨折など数十カ所の傷があった。

 2人は昨年8~10月、岡田さんの生活費名目で岡田さんの兄(29)に、「面倒を見ている」「150万円送れ」「用意せんとヤクザを連れて行く」などと電話で要求したなどとして、恐喝未遂容疑でも今年10月に逮捕されている。

別の同居人にも食事与えなかった疑い

 同居人への殺人容疑で逮捕され…

この記事は有料会員記事です。残り395文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。